A4サイズが特に便利|抜群の宣伝効果!オーダーの紙袋を有効活用しよう
The-Excellent-Bag

The-Excellent-Bag

便利なのはA4サイズ!紙袋が様々なシーンに大活躍

紙袋の注文から完成までの流れ

まずは何のために使うのか明確にする

紙袋をオーダーする前に、まずその紙袋を何の目的で作るのか明確にしておきましょう。入れるものによって紙質を変更する必要がありますし、宣伝目的のためならデザインをオリジナルにする必要が出てくるからです。

サイズや材質を指定して見積もりを取る

どんな紙袋が欲しいか決まれば、サイズや材質の指定に移ります。そこで、値段がいくらになりそうか教えてもらうわけです。つまり見積もりですね。最近は、この見積もりはオンライン上で簡単に済ませられるようになっています。

納得ができれば数量を指定してオーダー

見積もりに納得ができれば、いざオーダーです。数量を指定して注文をするのですが、あまり数を少なくして注文するのはやめた方がいいでしょう。大量注文なら単価が抑えられるので、サンプル品を依頼するのでもないなら、欲しいと思っている最大数を一括で注文するのがベストです。

オーダー通りに工場で製作が始まる

大手業者なら専用の工場を持っていて、そこで紙袋の製作をしていきます。専用の大型のインクジェットプリンタを使って、オーダー通りに紙袋を仕上げていってくれます。各種加工から持ち手の取り付けまでここで行います。

ダンボールに詰めて注文者の元へ発送する

紙袋の製作にはそれほど時間がかかりません。大量の注文でも工場のスケジュールが空いているなら一日で作ることができます。ですから、発送までの時間も三日ほどで事足りるのです。急いでいるときにもすぐに手元に商品が届けられるので便利ですね。

A4サイズが特に便利

買い物袋

A4書類が入るサイズが便利!

ビジネスシーンで使う紙袋なら、最低でもA4サイズの書類が入るようにはしておきましょう。なぜなら、多くの会社で使われる正式な書類のサイズがA4だからです。このサイズの書類が入れられないと、使えるシーンが相当限られてきます。汎用的な使い勝手を求めるなら、最低でもA4サイズの書類がすっぽりと入って、折る必要のないものにしておきましょう。A4サイズがそのまま入るということは、雑誌などもそのまま入るということになりますね。

注文する前に見積り依頼が必須

注文する前には見積もりが必要なのですが、今ではオンライン上で自動見積りをすることも可能になっています。シンプルなタイプのものなら、自動見積りだけでも十分でしょう。自動見積りでは作れないような特殊な紙袋が欲しい場合には、別途電話で見積もりをお願いする必要がありますが、ほとんどの人が自動見積りをして、そのまま注文をしている現実があります。紙袋はそれほど特殊なものにはなりにくいので、自動でもあまり問題は出ないのですね。

費用をおさえるヒント

一括大量注文で、紙袋の単価は抑えることができます。少数ロットからの注文を受け付けている業者も多いですが、少数だと単価は高くなってしまいます。紙袋をオーダーするなら、必要な分を一気にまとめて発注するのがベストです。一括で千個以上注文すれば、単価は少数頼んだときの半額近くにまで落とせる場合があります。企業なら大量に発注してもそのうち消費できるでしょうから、心配せずに大量注文してしまうのがいいでしょう。幸い、紙袋は長期間放置しておいてもほぼ劣化しません。

広告募集中